09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 11

To Dear Babies

胎児水腫となって産まれた4人の子供達。

△page top

スポンサーサイト 

Posted on --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top

地震 

Posted on 22:50:32

職場(品川駅近く12階建ての5階)で被災。
大きく揺れたものの、ビルに大きな損傷は無く無事。
電車が運休になったため帰宅できず、職場に残り一晩過ごす。
JRが復旧しないため、朝5時、泉岳寺まで歩き都営地下鉄を乗り継いで
新宿まで出て、京王線に乗り9時帰宅。
帰宅が遅れても被災地の人に比べれば大した事ではない。

甚大な被害が広範囲で出ている。
ドコまで膨らんでいくのだろうか。
自分に出来る事はなんだろう。

一つでも多くの命が助かる事を祈ります。

スポンサーサイト

△page top

忘れない 小さな命 

Posted on 22:56:58

午後8時
NHK教育にて放映されました。
赤ちゃんの誕生を心待ちにしていたはずが
誕生と同時に愛しい我が子との別れになってしまう。
そんなお母さんの気持ちが「誕生死」及び「誕生死 想」を
基に紹介されていました。

私じゃなければちゃんと産まれていたかもしれない。
もっと早く気付けば助かったかもしれない。
自分のせいだ。
お母さんは皆そう思っている。
お母さんは自分を責める。

親や友人は何か元気づけてあげたいと思う。
早く忘れて元気だして。
まだ若いから次をがんばって。
あなたが無事でよかった。
そんな普通の励ましがお母さんを苦しめる。

お母さんは忘れない。
お母さんは次の子が出来て産まれても忘れはしない。
お母さんは自分が無事であることを望んではいない。

あの子が無事であればそれでよかった。

人に会いたくない。
誰も自分の気持ちをわかってくれない。
そう思っていた。

誕生死の本に出会って
そう思うのは自分だけじゃない。
皆そう思っているんだと涙する。


なぜ、病院が居心地が良かったか。
それは、新生児死、死産となった子供達に対して
誕生した赤ちゃんと同じ様な接し方をしてくれたからだと思う。
医師看護師さんは名前で呼びかけてくれた。
朝検温のたびに、赤ちゃんにおはようと言ってくれた。
赤ちゃんが寝ているベビーベッドを動かすたびに
ちょっとこっちに行っててね。と話してくれた。

そういうちょっとしたことがうれしかった。
この子は産まれたんだと、認められていることが嬉しかった。

もっと深くお母さんの気持ちを酌めるよう
シリーズ化を望みます。

再放送)11月23日(木)午後1時20分~1時49分 NHK教育テレビ

テーマ - 死産・新生児死

ジャンル - 結婚・家庭生活

△page top

子宝祈願 

Posted on 16:03:51

7月7日 吉奈温泉にある善名寺で子宝祈願を行いました。
善名寺は静岡県三島市から修善寺を抜けて天城湯ヶ島温泉に向う
途中にある吉奈温泉の湧く地にあります。
吉奈温泉は通常の温泉地のようなところではなく
山里の民家の奥に温泉旅館が2件あるだけの静かなところでした。

zenkyouji_1


僕らのほかに2組の子宝祈願をする人たちがいました。
この人たちもおそらく何年もの間、子供を欲し
不妊治療を行い、あらゆる手を尽くしてきた事でしょう。


zenmyouji_2


それぞれの思いが渦巻くなか、皆で静かに子が授かることを祈願しました。



テーマ - 死産・新生児死

ジャンル - 結婚・家庭生活

△page top

移植の募金に思う 

Posted on 22:19:39

今日買い物に出た駅前で、募金活動をしていた。
生後3ヶ月の赤ちゃんのアメリカでの臓器移植の為に
協力をしてくれという事だった。

テレビやインターネットでその子の事は知っていた。
でも、僕らにはその子に募金することはできない。

なぜなら、その子と両親、支援者は同じ様な年の子が死ぬことを待っている。
移植を受けるとはそういう事である。
自分の子が亡くなってしまっているのに、そのような事に
協力は出来ない。

両親、支援者はドナーが見つかり手術が出来る事を喜ぶかもしれないが、
裏では悲しみにくれる提供者の親がいる。
提供者は子供であり自分の意思で提供しているわけではなく親が決めている。
提供することで、自分の子が役に立てばと思っての事かもしれない。
僕らなら特定の子への役に立つより、研究などにより
不特定多数に役立って欲しいと思う。

我が子が死ぬかも知れないと思い、出来る事は何でもしてあげたいと
思う気持ちは僕らも共通している。
ただ、不特定多数からの募金を募り我が子を助けようと努力している。
この時点で自分達の出来る事は越えているような気がする。
一人の子供を救うために億単位の金額を必要としている。
その金額があれば世界の貧困にあえぐ地域の子供達は何人救えるのだろうか。
募金をしている人たちは普段からユニセフやそういった事には協力しているのだろうか。

テレビや新聞で記事として紹介されている。
世の中には助けたくても助けられない子供が数多くいる。
そういった事への呼びかけもテレビや新聞で連日呼びかけても
いいのではないか。
マスコミは何を基準にしているのか。
視聴率か、発行部数か。

世の中は不公平だと思わずにいられない。



僕らにしても茜凜や洸の事がなければ何も考えずに募金していた
かもしれないが。。。。。。



テーマ - 死産・新生児死

ジャンル - 結婚・家庭生活

△page top

宿決定 

Posted on 11:46:27

7月7日の吉奈温泉では「御宿さかや」に
宿泊することにしました。

「御宿さかや」の裏手には善名寺というお寺があり
子宝祈願の祈祷を行う事ができます。
このお寺を建てるときに温泉が発見されたそうです。
お寺はお万の方が再建して現在に至るということです。

梅雨時期なのでお天気が心配ですな。


テーマ - 死産・新生児死

ジャンル - 結婚・家庭生活

△page top

吉奈温泉 

Posted on 23:03:52

洸追悼及び子宝祈願旅行は伊豆にある吉奈温泉に行く事にしました。
1200年の歴史のある温泉で古来より子宝の霊湯と言われていたそうです。
家康側室お万の方もココに通いお子を授かったそうな。
旅館は3件しかなくどちらに泊まろうか迷うところです。

テーマ - 赤ちゃんがほしい

ジャンル - 結婚・家庭生活

△page top

洸医療費 

Posted on 23:24:08

先日、洸の治療の医療費の請求がきた。
 65万7130円
 入院日数延べ22日
予想は100万から200万までありえるかと思っていたが
意外と安く驚いた。
健康保険は全く対象外だと思っていたのですが
保険の対象となる治療もあったようです。
何が保険対象で何が保険対象外なのかはわかりませんが、
胎児治療や出産は保険対象外だと思っていたので意外でした。

洸の事を想えば出費がいくらであろうとどうでもいい。
ただこの金額を洸が産まれてからの事に使えれる様になっていれば
よかったと思う。

テーマ - 死産・新生児死

ジャンル - 結婚・家庭生活

△page top

来客あり 

Posted on 23:10:42

今日は仕事から帰ると妻の姉家族が来ていた。
姉家族は最近長野から実家に帰ってきて
妻の両親と同居することになった。
そして今実家がリフォーム中で風呂が使えないので
うちの風呂を借り来ることになった。
姉家族とは仲がよく、長野にも何回も遊びに行っている。
長男6歳と長女2歳がいるのですが、とても僕らになついていて
一緒にいると楽しいです。

明日は妻の父母がうちにくるそうです。

ウチの子も元気に育って一緒に遊べるようになるのか。
祈るだけです。

テーマ - 赤ちゃんがほしい

ジャンル - 結婚・家庭生活

△page top

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。