07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 09

To Dear Babies

胎児水腫となって産まれた4人の子供達。

△page top

スポンサーサイト 

Posted on --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top

胎児水腫とは 

Posted on 14:51:39

胎児水腫とは、何らかの原因でおなかの赤ちゃんが
浮腫んでしまい胸水や腹水が溜まってしまっている
"状態"を指します。

正常な赤ちゃんは浮腫むことはないので
何らかの異常があることで浮腫んでしまいます。

胎児水腫となってしまう原因には大きく分けると
免疫性と非免疫性とに分けられます。
免疫性胎児水腫はお母さんの血液型がRH-の場合に
赤ちゃんの血液型(RH+)と血液型不適合となり
免疫機能が作用して赤ちゃんが浮腫んでしまう事をいいます。
こちらは、予防措置をとられているので
現在はほとんど起こる事はありません。

これに対し、非免疫性胎児水腫は免疫機能による異常以外の
原因で浮腫んでしまう状態をいいます。
原因は様々で、リンパの代謝異常や心奇形、
内臓奇形、りんご病(パルボウイルス)感染、貧血、
低タンパク血しょう、染色体異常、双胎間輸血症候群等
その他いろいろと考えられますが、
原因不明(突発性)の場合も珍しくありません。
治療は貧血や低タンパク血しょうがあれば
輸血やタンパク製剤の投与で症状が劇的に改善する場合もあります。
双胎間輸血症候群では、胎盤の血管を焼き赤ちゃん同士の
血液の共有をなくせば改善するそうです。
それ以外の場合には、浮腫みを改善する効果的な治療がありません。

胎児水腫は浮腫んでしまっている"状態"ですので
それだけで赤ちゃんがなくなってしまうことはありません。
しかし、浮腫む事によって心臓に負担がかかり
心不全を起こしてしまったり、
胸水が溜まる事で肺が育たなくなり、
産まれても呼吸が出来なくなったりして
赤ちゃんは亡くなってしまいます。
また、心奇形などの形態異常や合併症を
起こしている事も多くあり、
非免疫性胎児水腫となった赤ちゃんの産まれてからの状態(予後)は
あまりよくありません。

僕らには赤ちゃんの生命力を信じて祈るしかできませんが
産まれてからの治療に耐え
元気に成長している赤ちゃんがいることも事実です。

がんばれ。


スポンサーサイト

テーマ - 死産・新生児死

ジャンル - 結婚・家庭生活

△page top

不妊治療と胎児水腫の因果関係について 

Posted on 00:52:49

私たちの主治医の見解では、
人工授精、顕微授精で出来た赤ちゃんだから胎児水腫になりやすいとは
いえないそうです。

顕微授精だと染色体に異常をきたす確率が高くなる
と言っている医者もいるようですが、
根拠はあまりないそうです。


テーマ - 死産・新生児死

ジャンル - 結婚・家庭生活

△page top

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。