07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 09

To Dear Babies

胎児水腫となって産まれた4人の子供達。

△page top

スポンサーサイト 

Posted on --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top

子宝草その後 

Posted on 23:12:04

7月22日こんな感じです。
下に子が1個落ちています。
0722kodakara2


前回植えた子達です。
少し成長しているように見えます。
0722kodakara1


落ちていた子を「水でふくらむ種まきポット」に植えました。
0722kodakara3



7月29日の様子です。
次の子たちが内側の葉に付き始めました。
P7290873_t.jpg


植えた子達も成長しているようです。
P7290862_t.jpg


最初の子達はだいぶ大きくなりました。
P7290866_t.jpg

スポンサーサイト

テーマ - 死産・新生児死

ジャンル - 結婚・家庭生活

△page top

新盆 

Posted on 23:11:38

今日から夏休み。
午前は洸の新盆供養にお寺へ行った。
お寺にはそれぞれ新盆を迎える方々がおり,お経と焼香が行われた。
供養終了後塔婆と呼ばれる木の札を墓に捧げるのだが
洸の墓はないので自宅に持ち帰えった。
うちの両親からはまた納骨の話になった。
何度言われても両親の買った墓に入れる気はない。
僕らのどちらかが死んだ時に一緒に墓に入ると決めている。

夜には相模川で灯篭ながしが行われました。
僕らも灯篭に茜凜と洸の名を書き、想いを込めて流しました。
2つ並んで流れていく灯篭。
流した灯篭は茜凜が洸の手を引くように流れていく。
隣で灯篭を流したお爺さんは
「婆さん来年もまた来いよ」と言っていた。
僕は行かないでと思いながらしばらく灯篭を追いかけた。

下流に流れていった僕らの灯篭の灯りは無数の灯りとともに流れ
見分けがつかなくなってしまった。
無数の灯りを見送りながら、なぜか涙が溢れてきた。

テーマ - 死産・新生児死

ジャンル - 結婚・家庭生活

  |  0 trackback  |  2 comment |  edit

△page top

子宝草 

Posted on 23:13:09

去年購入して育てている子宝草。
去年は子供を沢山付けたのだが、子供を上手く育てることが出来ず。
普通の土では水分管理が難しかったので今年は
「水でふくらむタネまき土ポット」で子を育てています。

7月17日こんな状態でした。
子宝草は葉っぱに子を付けてそれが育っていきます。
0717kodakara2


子が落ちたので「水でふくらむタネまき土ポット」を水でふやかして
子を植えました。
0717kodakara1



テーマ - 死産・新生児死

ジャンル - 結婚・家庭生活

△page top

高額療養費の支給制度 

Posted on 21:45:37

6月下旬、市役所から3月の医療費が高額療養費に該当するので
申請してくださいとの書類が届いた。
その書類には3月の医療費のうち27万円あまりが申請により支給されるという事で申請した。
そんな通知が来るのなら申請しなくても支給してくれればいいのにと思いつつも市役所へ。
3月にかかった医療費のうち支払った額は合計36.5万円。
そのうち保険適用で支払いをした35万円が高額療養費となり
ここから7万円強を引いた額が支給される額となる。

妊娠12週以上での死産の場合にも出産育児一時金は支給されるので
ついでにこのとき申請した。

そして両方とも7月下旬に支給されました。

健康保険もきかないと思っていたし、
まさかこんなに支給されるとは思っていませんでした。

洸のメモリアルベアを作らなくちゃ。
位牌も作って仏壇の代わりになる物も用意しないとな。






テーマ - 死産・新生児死

ジャンル - 結婚・家庭生活

  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。