10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 12

To Dear Babies

胎児水腫となって産まれた4人の子供達。

△page top

スポンサーサイト 

Posted on --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top

9週目 

Posted on 22:39:54

先週の出血から、心配するほどの出血は治まったものの
少量の赤茶色の出血が1週間続いたため
予約外ではあるが、主治医の診察を受けたく
病院に連絡をすると快く受けてくれた。

「とりあえず心配はない。
 赤ちゃんは元気にしている。
 出血は絨毛膜下血腫(じゅうもうまくかけっしゅ)があるため起こっている。
 無理せず安静にしていれば、多くの場合は自然と良くなるでしょう。」

救急で診察をした若い医師、おそらく研修医の言うことなど
信用していない。
心臓が動いていた事が確認できてとりあえず安心しただけ。
今回、主治医の診察を受けて、心配ないことを確認できてよかった。

次回2週後の診察まで、先週のようなことが起きない限り
微量の出血であれば、安心して過ごすことが出来る。



スポンサーサイト
  |  0 trackback  |  3 comment |  edit

△page top

出血 

Posted on 01:18:08

19時頃、お風呂で多めに出血したと連絡があった。
病院に連絡するが、安静にして様子を見て、
下腹部が痛くなったり、塊が出るようなら再度連絡するように言われる。
仕事を切り上げて急いで帰る。

21時頃、また多めの出血。
心の中で流産を覚悟した。

23時、レバーのような塊が、両手一杯くらいに出てきた。
「ダメか。。。」
病院に連絡して、塊が出たことをつたえ、救急で受診する。
お腹は痛くないようだ。


病院に行くまでの間、色々な事を考えた。
小さくて短い命だったけど、
数週の間、夢と希望を見させてもらった。
重く沈んでいた心が、この子のおかげで少し軽くなった。
そして、もう積極的に子供を望むのは諦めよう。
稟菜との思い出を胸に一生を生きていこう。
そんな事を考えていた。


病院に到着し救急で診察を受ける。
経過を説明し、出てきた塊を渡して
エコー検査を受け、結果を聞く。
「結論から言うと、赤ちゃんはお腹にいます。
 心臓も動いています。
 どこかで出血が続いている様子はないですが、
 血の塊がまだあり、また出てくるかも知れないので
 安静にしていてください。なにかあったらまた連絡ください。」

「えっ!そうなの?」
思わず口にだしてしまった。
頭の中が混乱したが、ほっと胸を撫で下ろした。

まだ8週目。
これからはしばらく安静にして
不安と戦う日々を過ごすことになりそうです。





  |  0 trackback  |  8 comment |  edit

△page top

新しい命の息吹 

Posted on 23:36:23

10月初め、9回目の人工授精を実施。

3週後、高温期が続いていたので市販の妊娠検査薬を試みる。
若干薄いが陽性反応が出た。

翌日(約5週)、不妊治療を行っていたクリニックを受診。
胎嚢が確認できる。

6週目、胎芽の確認を期待してクリニックを受診したが確認できず。
8週目までに胎芽の確認が出来なければ、稽留流産の可能性を指摘され不安になる。

7週目、昨日胎芽と心拍が確認でき、今日大学病院に転院した。
産科医師、産科看護師、NICU看護師に会い、みんな待っていてくれた。
喜んでくれた。
喜びだけじゃない不安もわかってくれている。
居心地がいい。茜凜、洸、稟菜との思い出がたくさんつまった
この病院、ココ以外での出産は考えられない。

子供を望むリミットを考えた時に
色々な方にまだ早いと激励を頂きました。
幸いにも考えていたリミットを前に授かることができました。
嬉しい事は間違いないのだけど
手放しで喜ぶ事は出来なくて
やっとスタートが出来てこれからどうなるのか。

生まれるまで全て順調に事が運ぶとは思えない。
稟菜のときと同じ様に
稟菜のとき以上に精一杯を尽くしてあげたいと思う。






  |  0 trackback  |  3 comment |  edit

△page top

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。