12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 02

To Dear Babies

胎児水腫となって産まれた4人の子供達。

△page top

スポンサーサイト 

Posted on --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top

18週目 健診 

Posted on 23:30:21

臨床検査技師の精密超音波スクリーニングを受け
主治医の健診を行った。

検査技師も浮腫みや胸水に疑問を持ったらしく
検査を受ける事になった経緯などを聞かれた。
ドコまで知っているのか探っているように思えたが
質問に答えるうちに
全てわかっていることは伝わったようだ。

そして、主治医の健診を受ける。
検査技師のスクリーニングでも
脳、心臓、その他の臓器に異常は見当たらなかった。
問題は全身の浮腫と胸水。
右肺の胸水はそれほど進行しているようには見えなかったが
前回は無かった左肺にも少し胸水が見られた。

胸水は少ない方がいい。
多くなれば肺は胸水で潰されてしまい育たなくなってしまう。
肺が育たなければ
生まれたとしても呼吸はできないので
長く生きることはできなくなってしまう。

浮腫は5mmから多いところで6mm以上見られた。
150g前後の赤ちゃんには大きな負担になる。
この負担が心臓にかかり心不全を起こし
死産となる事も多い。


胎児水腫は赤ちゃんの何らかの異常の結果起こる。
異常の原因がわからないのであれば
対処のしようが無く経過を見守るしか出来ない。
何とかこれ以上胸水が増える事無く
30週くらいまで成長してくれるよう祈るしかない。



スポンサーサイト
  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

17週 健診 

Posted on 23:36:51

いつものように、僕とベッドに横になる妻と
(今日は救急で見てくれた研修医も一緒に)
 【この研修医は以前は小児科病棟にいて、僕らや稟菜の事を知っていた。
  そして、稟菜の最後にも立ち会っていたと話してくれた。】
主治医のエコー検査の画面を見つめる。
画面を見つめる僕は前回より緊張が増している。
頭から始まり胸にお腹に下半身にかけて全身をスクリーニングしていく。
主治医が言葉を発する前に状態の想像はついた。

身体に浮腫が現れ右肺に胸水が貯まっている。

主治医も僕も同じタイミングで「う~ん」と唸る。
4回も続けば何らかの原因があるのだろうけど
今の医学では解明できていない「何か」なのでどうする事もできない。

羊水検査をするか問われるが
検査をして、たとえ結果が異常であっても
治療法があるわけではないので断った。

こうならない事を臨んでいたけれど
稟菜のように生まれてくれるかもしれないし
茜凜や洸のようにうまくいかないかもしれない。
これから起こるであろう、いい事も悪い事も大体想像できている。
良くも悪くも覚悟を持って今回の子にも臨んでいる。



先週から胎動が感じられるようになったようです。
元気に動いて胸水が改善する事を願い
次回、来週の健診を待ちます。


  |  0 trackback  |  1 comment |  edit

△page top

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。