01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. » 03

To Dear Babies

胎児水腫となって産まれた4人の子供達。

△page top

スポンサーサイト 

Posted on --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top

23週目 健診 

Posted on 23:47:03

凄い雪でした。

体重500g程に成長していた。
浮腫みは全体的に2mm位増えている。

胸水は減っていないが増えてもいない。
腹水は貯まっていない。
心嚢液は減っているように見えた。

胸水が増えず、心嚢液が減っているのはいい兆候かと期待するが
全身の浮腫みが増え続けているのは止まらない。

来週に入院して
出来る限りの治療を行う事になった。
胎児治療を行い状態の改善をねらう。
治療の内容は入院後、検査の結果により決定する。


来週で24週となる。
24週となれば新生児医療で救命できる確立が高くなる。
ただし、早い時期であればあるほど
障害の残る可能性は高くなる。

治療が功を奏して
長い間お腹に居られるよう祈ります。


スポンサーサイト
  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

稟菜誕生日 

Posted on 06:57:51

誕生日おめでとう。

CIMG2601.jpg


稟菜  |  0 trackback  |  3 comment |  edit

△page top

22週 あまり変わらず 

Posted on 23:50:42

体重320g。
胸部の浮腫みは13mm程度。
頭部では10mmある。
体重は計算で求めているので誤差があり
増えていなくてもあまり気にしていない。
胸水は増えているようには見えなかった。

「胎児水腫としては末期的な状態」という事だが
心拍や血流を見れば
赤ちゃんは元気にしている。
心拍や血流はエコーでも見ることができる。

現在の週数では何も出来ないが
24週から胎児治療が行う事ができる。
利尿剤の投与もその頃に行うよう検討する事になった。
経験も前例もないことだけど
何もせずに見ているだけでは良くなる可能性は低いので
どのくらいの量を投与するのか
どういった方法で投与するのか
調べて検討してもらい24週には行う事になる。

厳しい状態には変わりないが
先週とあまり変わらない状態だったことで
少しだけ希望をもって
次回の健診を待つことができる。

いつも混んでいる主治医の診察は
今日は特に混んでいた。
今回の健診は14:30予約で
終ったのは18:00を過ぎ。
忙しい中、毎週丁寧に診察して
説明してくれてとてもありがたい。

ちなみに来週は
空いているそうで
こちらも少しだけ期待しています。










  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

21週目 胎児水腫 

Posted on 23:37:40

いつもどおり、頭部、腹部、胸部、大腿部の様子を
エコーで確認する。
赤ちゃんの状態は良くはなっていなかった。

体重320g程度。
全身に浮腫みがある。
頭部の浮腫は7mm程度、
腹部は10mm程度ある。
胸水は両側の肺の周りに見られ、
肺が胸水の中に浮いているように見えるほど
量が増えていた。

そしてエコーの画像を見ていると
心臓の回りも浮腫んでいるようにも見える。
前回は見当たらなかった、心嚢液の貯留が見られた。

心嚢液は心臓の周りを囲む膜(心嚢)と心臓の間にある液体。
これが増えると心不全の原因となる。

この状態を見て、主治医は
「胎児水腫が出来上がってしまった」と
無念そうにつぶやいた。
これからは、毎週の健診で様子を見ること、
そして赤ちゃんの状態の改善が見られなければ
なんとか26週ぐらいまでは無事にお腹の中で成長できるよう
赤ちゃんの負担を軽減できるよう
胎児治療を行っていく事となった。
26週ぐらいになれば
産まれてからの生存の見込みも期待できる。

稟菜は生まれてから
浮腫みが引かず、利尿剤を服用して浮腫みをコントロールしていた。
胎児治療の投与薬剤の候補に利尿剤は含まれていないので
お腹の赤ちゃんにも利尿剤が有効ではないかと主治医に提案した。
しばらく考えた後、産まれてから有効なら
お腹の中でも有効だろうと検討してくれることになった。
投与の方法や継続的な投与は可能なのかたずねたが
羊水に注入することで、
赤ちゃんは羊水を飲んでいるので
そこから摂取できるから問題はないという。

エコーを見れば
赤ちゃんの状態は悪くなっているのは明らかだった。
現状での見通しは非常に厳しいと感じる。
ただ、状態は悪いもののまだ元気なので
何とか状態が良くなれば
浮腫みが軽減できれば。
何かいい方法はないのだろうか。





  |  0 trackback  |  1 comment |  edit

△page top

19週目 健診 

Posted on 23:19:30

先週に続き今週も健診。

先週診察で、羊水が少なめと言われていた。
羊水が増えないとなると、赤ちゃんに元気がないことになる。
不安な要因だったので今週も健診を入れてもらった。

体重250g程度、19週くらいの大きさ。
体重の計算は頭蓋骨の円周と胸骨の円周と大腿骨の長さから算出しているので
浮腫みは体重に含まれていない。
皮下の浮腫は引いておらず8mm程度ある。
胸水は減ってはいなかったが
増えている様にも見えない。
懸念していた羊水量は増えているようだった。
エコー画像を見ていると
なんだか窮屈そうに見えるのだが
羊水ポケットの大きさなどを測ると
少なめだけれど、過小というほどではなく
さほど心配することはなさそうだった。

相変わらず良くはないけれど、
悪くなっている様子もなかった。
少し安心できたので次回は2週後の健診とした。


  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。