03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 05

To Dear Babies

胎児水腫となって産まれた4人の子供達。

△page top

スポンサーサイト 

Posted on --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top

 

Posted on 19:38:11

5月1日に復旧予定でしたが治らなかったので復旧未定になってしまいました。なんとか5月中には新しく買い替え出来ればと思います。
スポンサーサイト
未分類  |  0 trackback  |  1 comment |  edit

△page top

4/3 産後検診 

Posted on 23:26:36

主治医の産後検診を受ける。
採尿採血を行い、子宮内の状態をエコーで診る。

血液検査では、主に肝機能と貧血の状態に注視した
ヘモグロビン値は11になっていて、貧血は改善されていた。
肝機能も問題ない。
エコーでは悪露が写っていたので処置を施し
排出をうながした。
大量の輸血を行ったため
拒否反応を起こして肝機能障害になる事がある。
2ヵ月後に再検査を行い問題ないことを確認する。


「さて、今後の事なんだけど次の子はどうしようか。
 遺伝診療を受けるのもいいかと思うけど。」

思いがけず次の子について切り出された。
信頼する主治医に「次の子」と言われ心が揺らいだ。

悠がお腹の中で心拍を止めてしまった時
もう次の子を望むのは止めようと考えていた。
胎児水腫になる事がわかっていて
無事に産まれる可能性が低い事がわかっていて
子を望むのは
子供達に申し訳ないと思った。

主治医の「次の子」は
それを加味しての「次の子」とも受け止められ
何とかして子を抱かせてあげたいという思いが垣間見えて
少しうれしかった。


現状では子を望む事は考えられないけれど
2ヵ月後の検診時に
僕らの想いや主治医の考えについて
話し合いたいと思っている。


  |  0 trackback  |  2 comment |  edit

△page top

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。