08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 10

To Dear Babies

胎児水腫となって産まれた4人の子供達。

△page top

スポンサーサイト 

Posted on --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top

9/9 三回忌 

Posted on 19:53:36

空模様が移り変わるように
僕の心模様も移り変わる。

その日が近づくにつれて
心はどんより曇ってゆく。

9月9日、稟菜の三回忌を迎えた。
いつの間にかあの日から2年が過ぎてしまった。

一周忌のころはまだ、稟菜のいない日常は非日常だった。
稟菜の面影を探し、稟菜に会う方法を探していた。
今は稟菜がいないことが日常となってしまった。
あれだけ持て余していた時間はどこに行ってしまったのだろう。
部屋に残っていた面影も、手の中の温もりも薄れてしまっている。

お寺の本堂に、僕らとその家族たちがそろう。
中央に住職が鎮座し、お経と木魚が鳴り響く。
想いはいつまでも変わらない。
その想いはお経と木魚の音に乗って稟菜に届くのだろうか。
笑顔やおどけた姿や、いろいろなことが思い出され
それと同時に涙は溢れ出ようとする。
一周忌ではこらえることはできず、こらえる気もなかった。
今年は涙はこらえられた。
涙と共に稟菜に会いたい気持ちもこらえて
生きていかねばならない。

7月から不妊治療のクリニックに通い始め
先日、人工授精を行った。
今度は何回で妊娠にいたるだろう。

稟菜に会いたい気持ちがこらえられるようになった今
次の子に向かう気持ちはあまり高まっていない。




スポンサーサイト
稟菜  |  0 trackback  |  3 comment |  edit

△page top

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。