05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 07

To Dear Babies

胎児水腫となって産まれた4人の子供達。

△page top

スポンサーサイト 

Posted on --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top

生後24日目  

Posted on 20:03:03

6月28日
本来の出産予定日を過ぎた。

母乳、MILKをいっぱい飲んでいるおかげで
ふっくらと肉付きが良くなってきた。
KIMG0116.jpg

もうそろそろ体重が3000gを超えているかもしれない。

来週は1か月検診。
どのくらい成長しているのか
楽しみです。

スポンサーサイト
結哉  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

生後17日目  

Posted on 20:50:28

妻と結哉は妻の実家にお世話になっている。

僕は1週間ぶりに結哉にあった。
ほっぺのあたりがふくよかになり
新生児から赤ちゃんのようになってきたかな?
KIMG0084.jpgK3413678.jpg


それもこれも1日17回の授乳のおかげ。
昼は母乳
夜中は母乳とMILKの混合。
昼はほとんど眠っているのに
夜になると終始ぐずぐずらしい。

まだまだ
眠れない日々が続きそうです。









結哉  |  0 trackback  |  4 comment |  edit

△page top

生後11日目 母乳外来 

Posted on 22:33:21

入院中に結哉の体重があまり増えなかったので
本日母乳外来を受診する。

退院時2260gだった体重は
母乳とミルクの混合で
昼夜問わず授乳を頑張った結果
今日は2480gに増えていた。


この調子で体重が増えてくれれば
特に問題ない。
ただ授乳の回数が多い。
体が小さいせいか
一度に飲める量が少なくて
回数が多くなっている。

もう少し大きくなるまで
この状態は続く。
妻は授乳の為に
夜も眠れない日が続きそう。

いっぱい飲んで大きくなれ。
130616_1139~002


結哉  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

生後7日目 退院 

Posted on 20:16:03

予定通り
母子ともに
退院しました。

退院予定日の朝
主治医により診察を受け
妻は特に問題はなかった。

ただ、赤ちゃんの体重があまり増えていないため
「赤ちゃんはどうなんだ」と
とても気にしている。

「赤ちゃんがあまり体重増えてないから
お母さんも一緒に入院を延長しよう」と
一旦、退院は延期の雰囲気になった。

赤ちゃんの体重が増えていないため
月曜に母乳外来を受けることは
決定していた。
「そこまで一緒に入院していればいいじゃないか」
ということらしい。

その後
赤ちゃんの診察をしていた
小児科医から
「稟菜ちゃんを育てたママなら退院OK」
と言い渡され
予定通りに退院することとなった。


茜凛が産まれてから10年近く経った。
そのすべてを知る
看護師長さんに挨拶をする。
看護師長さんは
「今までいろいろとあったけど本当に良かった」と
笑顔で送り出してくれた。
僕は「今まで」の中に含まれる
4人の子供たちを想いだし
師長さんの言葉に涙して病棟をあとにした。

産まれるまで僕は
何も問題なく産まれる
そして男の子に
稟菜と同じように
稟菜以上に愛することができるのか心配だった。
でもそれは思い過ごしだった。
この子のすべてが愛おしい。
そう思える自分に安心した。

今まで
応援してくれた
友人
コメントしてくれた人
拍手してくれた人
いいねしてくれた人
メールくれた人
本当にありがとう。

すべての想いが結実して
無事に経過したと思います。
その想いにこたえ
健やかに育つよう
精一杯頑張ります。


名前は
「結哉(ゆうや)」と
名付けました。

4人の子供たちへの想い
応援してくれた人たちの想い
その想いの糸が一つに結ばれ
やっと産まれた。
その想いを受け止め
命を大切にして
生きてほしい。



KIMG0033.jpg


結哉  |  0 trackback  |  3 comment |  edit

△page top

生後4日目  

Posted on 23:09:07

生後2日目に体重は2150g程度まで落ちた。
生後に1割程度体重が減るのは通常通り。
その後の授乳により体重は増えてくるはず。

3時間に1度授乳するように指導されているが
授乳後1時間でぐずりだし
授乳している。
まだ小さいせいか授乳がうまくできていないようだ。
昨日の授乳回数は25回だった。
昼も夜も関係ないので
妻は眠れていないようだ。

それでも今日は体重が2250gに増えていたので
大変だけれども救いではある。
あまり体重が増えないようだと
母子ともに退院とはならず
母退院、子はそのまま預けることになってしまう。

頑張って大きくなってほしい。


目が開いた。
130609_1619~001

笑ってる。
130609_1800~001


パパ似だと評判です。

結哉  |  0 trackback  |  3 comment |  edit

△page top

36w6d 誕生 

Posted on 20:42:48

13時4分
2388gの男の子が産まれました。
今回は何事もなく
母子ともに元気です。

20130606誕生01




12時に病棟に行きロビーで妻と面会する。
何もないとは思うけど
何かあった時に後悔するはずなので
術前に面会をしておきたかった。

12時45分 ベッドで手術室に向けて出棟。
ロビーで見送った。
そのすぐあと、ロビーで主治医に会い
「これから始めるから」と声をかけられ
「お願いします」と挨拶する。

厄介な手術が妻の手術の前にあり
開始が遅れるかもしれないとのことだったが
予定通り13時に始まるようだ。
帝王切開術は子供が出てくるのに30分
お母さんの処置を含めると2時間程度と聞いていた。

のんびり待っていると13時15分
産まれたばかりのベビーが先に病棟に戻ってきた。
あまりにも早くて驚く。
ロビーで対面。
元気に泣いている。
特に問題なく元気だと聞き一安心する。

30分ほど経って
妻がベッドで病棟に戻ってきた。
ロビーで会話して病室に入っていった。
病棟医に問題なく順調でしたと聞き
安心する。

またしばらくして
主治医に呼ばれ病棟の小部屋に入る。

13時04分 男児ご出産
体重は2388g

こう記された青いメモを手渡され

「もうちょっと体重があるかと思っていたけど
 赤ちゃんは元気で問題ない。
 お母さんの手術も特に問題なく無事に終わったよ。
 今回は何事もなく無事に産まれたね。
 おめでとう。」

「ありがとうございます」
そういって僕は右手を差し出し
主治医と固い握手を交わした。

「長かったね。
 僕が元気なうちに
 赤ちゃんが抱けて良かったよ。」
そういいながら、笑顔で僕の肩を抱きたたいた。

主治医は今年で退職(定年?)されるのだという。


主治医のみならず
受け持ち医、助産師、麻酔科医、小児科看護師
いろいろな方が
今回は何事もなく順調でよかった。
と祝福してくれた。



2時間ほどして
母子共に病室で面会した。
妻は麻酔がまだ効いているが
元気そうだ。
子供はすやすやと眠っている。
眠っているだけなのに
いつまで見ていても飽きない。

こんなに気持ちが安らいだのは
いつ以来だろう。
普通に生まれてくれて
ありがとう。



結哉  |  0 trackback  |  21 comment |  edit

△page top

36w4d 決定 

Posted on 22:35:53

帝王切開~出産のタイミングを計っていた主治医。
羊水量が減ってきたり
赤ちゃんの体重があまり増えなくなったり
胎盤の血流が減ってきたり
そんな兆候があれば出産になると聞いていた。


今日診察を行った。
体重2350g程度。
羊水量が減ってきていて
赤ちゃんの体重があまり増えていなかった。

「週末も気になっていて
病棟に電話で確認したんだよ。
変わりないかって。
何かあったら取り返しがつかないからね。」

通常であれば
もう1~2週待っても
特に問題にはならない。
過去の経緯を考慮して
慎重過ぎるほどの判断をしてもらった。

6月6日、帝王切開~出産になる。

あと2日。
何故か生まれる実感はまだない。

もう何もないだろうと思いつつ
最後の最後に何かあるのかと
心配にもなっている。



結哉  |  0 trackback  |  8 comment |  edit

△page top

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。